お疲れ様の気持ちを込めて

赤の花束

仕事場の上司、自分の親などに、「お疲れ様」の気持ちを込めて渡すギフトとして退職祝いがあります。

第二の人生をスタートする、お世話になったあの人の充実した日々を願い、さらに今までの感謝の気持ちを込めて、退職祝いを贈りましょう。

退職祝いは、基本的に退職が決まったあと一週間から二週間以内に贈ります。
会社側が送別会を企画したり、祝い品を用意したりすることが多いですが、とてもお世話になった場合などは、個人で用意するのも一つの方法です。

「退職」といってもいろいろなかたちがあり、それには寿退社や定年退職、転職退社などがあります。
どの場合にも、今後の生活に役立つ品を贈ると喜ばれます。
さらにそのギフトにメッセージなどを添えることで、より気持ちのこもったプレゼントになります。
ここで、注意しなければならないのは、基本的に目上の人に現金を贈呈することは失礼になるということです。
最近は金封を贈ることも少なく無いですが、それと一緒に小さなギフトを添えることで、柔らかくなります。

このように退職祝いにもさまざまなルールがありますが、このサイトではそんな退職祝いに関する情報をご紹介します。

申し訳ありませんが、まだデータがありません。

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes free | Thanks to Find Free WordPress Themes, wordpress themes 2012 and WordPress Themes